めんこい♡おらがえ岩手の注文住宅ガイド

家事が楽になる?ランドリールームってどう?

公開日: |更新日:

毎日の洗濯作業にお悩みの方へ。家事の効率化を目指しているなら、ランドリールームの導入を検討してみてはいかがでしょうか。このページでは、ランドリールームの設置によるメリットや注意点、家事動線を考慮したポイントを詳しく解説しています。ランドリールームを設置することで、洗濯物をため込む心配や花粉・PM2.5の影響を回避し、家事の負担を大幅に軽減できます。注文住宅ならではの特権を活かし、より快適な生活を手に入れましょう。

ランドリールームとは

一般的な家庭の間取りでは、洗濯機や乾燥機は浴室や洗面台に近い場所に設置しているというケースが多いことでしょう。それを一歩進め、洗濯に関する家事をすべて完結するための独立した部屋として設けるのがランドリールームになります。

具体的には、洗う、干す、取り込む、アイロンがけを行う、たたむという一連の作業を、すべて完結できるというのが特色。そのため、洗濯機や乾燥機、物干し竿や室内物干しユニット、アイロン台、SKシンク(スロップシンク)、洗濯用品の収納棚などを配置することになります。

なお、付け加えておきますと、屋根部分や壁の一部をガラス張りにして採光性を高めた部屋をサンルームと言います。室内の物干しスペースとして活用するケースも多いのですが、あくまでもランドリールームとは別物。ランドリールームは前述しました通り、洗濯に関するすべてを完結するための専用の部屋と定義されます。

メリット

繰り返しになりますがランドリールームは洗濯に関する家事の負担を大きく軽減してくれるというのが大きな魅力。とりわけ共働き家庭では、大きなメリットをもたらしてくれるので、導入事例も増えています。具体的にどのような利点をもたらしてくれるのか、詳しく見ていきましょう。

洗濯物をため込まないで済むようになる

改めて申し上げるまでもなく、日本という国では梅雨の長雨や台風、強風といった気象変化が起こります。加えて岩手という地域では、冬の時期の降雪もあります。そうした要因により洗濯物が干せず、どんどんたまってしまうというのはありがちですね。

その点、ランドリールームは室内に洗濯物を干す専用スペースを設置するので、天候を気にせず干すことができます。室内なので、洗濯物を干して出かけたら急な雨に濡れてしまってやり直し…ということもなくなります。洗濯ができないままどんどんたまってしまうという事態を回避できるというのが、大きなメリットと言えるでしょう。

花粉やPM2.5などの影響を回避できる

今や国民の半数以上が悩まされていると言ってもよい位の猛威を振るっている花粉症。その予防策として、室内に花粉を持ち込まないというのは重要です。一方で、外干しの洗濯物に花粉が付着してしまい、室内に侵入してしまうというケースも多いのが現実。

その点、ランドリールームは室内干しが基本。花粉はもちろんのこと、PM2.5など、外気に含まれる有害物質が洗濯ものに付着してしまうという確率を大きく軽減してくれます。また幹線道路に近い立地の場合でも、自動車の排気ガスが付着してしまうという事態も回避してくれます。

 洗濯の動線をまとめることで家事効率化

例えば洗濯機が1階の浴室そばに設置されていて、物干しスペースが2階のベランダという場合、当然ながら洗い終わった洗濯物を抱え、階段を上って干し、取り込む際には再度2階に上がるという手間と移動が必要になります。これを毎日繰り返すとなると、その負担は相当なもの。

その点、ランドリールームはそうした洗濯に関する作業を一ヶ所で完結できるのが魅力。移動の手間を減らして、時間も削減できるので、家事の効率化を図れます。

 デメリット

上記の通り洗濯に関する一連の作業をひとつの部屋ですべて完結することができ、家事としての手間暇を大きく軽減できるというのが、注文住宅にランドリールームを設置する大きなメリットとなっています。

一方、世の中の常として、メリットがあればデメリットもあるというのは道理です。ランドリールームにも、デメリットというものはありますので、事前にしっかりと把握しておくことが大切。

例えば洗濯ものを畳むのは、家族の気配を感じながら、リビングの片隅で行いたい…そうした考えの方には、ランドリールームの設置はあまりお勧めできません。それこそ念願の注文住宅が完成した後で「違った!」、「失敗した!」といったことがないように、予めキチンと、知識を深めておいてください。

建築費がかかる

改めて申し上げるまでもなく、ランドリールームを設置するには専用の内装工事、電気配線、給排水設備などが必要になり、一般的な住宅よりもコストがかかるという現実があります。また床面積に関しても、ランドリールームを設置する分、他の部屋のスペースを削る必要があります。

使いづらいと使わなくなってしまう

ランドリールームは洗濯に関しては大きな利便性や合理性をもたらしてくれますが、他の家事や生活動線とのマッチングというのもしっかりと考えておくべきです。それこそ独立した部屋として設置するゆえに、洗濯の作業が孤独な作業と感じられ、使わなくなってしまうということも起こり得ます。

ランドリールーム設置のポイント

ランドリールームに限ったことではなく、注文住宅というものは自由に間取りを設計できるゆえに、予め使い勝手や生活動線との兼ね合いなどをしっかりと考慮しておくことが大切です。とりわけランドリールームならではの考慮すべき点として、以下のようなポイントがあることを、しっかりと踏まえておきましょう。

 使うものに合わせて収納スペースを確保

ランドリールームには洗濯機の設置場所や物干しのためのスペースが必要なのは言わずもがなですが、加えて洗濯関連の品々を収納するためのスペースを設置することも見落とせないポイントとなっています。

例えばハンガー類や洗濯ばさみ、折りたたみ式ドライラック、洗濯かご、洗剤や柔軟剤。洗濯ネット、アイロンとアイロン台などなど。これらを使いやすく、整理整頓して収納できるスペースをキチンと設置しておくことは、洗濯家事をより合理化、効率化するために不可欠です。

湿気対策

それこそ一般的な家庭での部屋干しで起こりがちなのが、生乾きとなってしまう、室内の湿気が増えてしまうというお悩みです。ランドリールームではそうしたことが起きないよう、しっかりと事前に対策を講じておく必要があります。

例えば24時間換気システムや局所換気設備、サーキュレーターなどの設備を用いて通気をよくしたり、除湿機や除湿機能を有するエアコンを設置するといったことが有効です。また床や壁の仕上げ材に調湿効果のあるものを用いるのもよいでしょう。

ランドリールームに適した方角を意識

言うまでもなくランドリールームは洗濯物を干すスペースですので、それに適した方位というものも考慮する必要があります。それこそ採光窓を、日当たりのよい方角を考慮して設け、その光があたる位置を物干しスペースとすれば、洗濯物がより効率的に乾いてくれます。

一方で、外からの目線というのにも配慮が不可欠。それこそ道行く人や周囲の建物から、干してある洗濯ものが丸見えとならないように注意が必要です。

家事動線を考えてランドリールームを設置しよう

以上の通り、注文住宅でランドリールームを設置するのは、洗濯家事を大きく合理化、効率化してくれ、家事としての手間暇を軽減してくれるというのが大きなメリット。建売住宅などでは専用のランドリールームを備えている物件は極めて少ないのが現状ですので、まさに注文住宅ならではの特権と言えるでしょう。

一方で、他の家事や生活動線との兼ね合い、バランスもしっかり考慮しておく必要があります。それこそ完成してあとで使いづらく、結局使わなくなってしまうということがないよう、くれぐれもお気をつけください。

岩手の工務店・注文住宅会社
リストを見る

子育て中のママさん必見♪
住まいづくりのヒントがたっぷり
岩手の注文住宅会社

家を建てるうえでママさんが気になることはたくさんあると思います。 長く安心して住みたいからアフターフォローが充実していてほしい、なるべく価格を抑えたい、寒い地域なので住みやすさ(暖かさ)を重視したいなど様々です。 そこで今回は岩手県の注文住宅会社の中からか各ニーズに対応した注文住宅会社を3つ紹介します。
選定基準:Googleにて「岩手 注文住宅」で検索し、10P内に表示された企業40社が調査対象(2023/12/20時点)。 その中から「保証を重視するなら」「価格を重視するなら」「住みやすさを重視するなら」の3つに分けておすすめを紹介。

 
価格を重視するなら
パルコホーム
<パルコホームの施工事例>
パルコホーム施工事例1

引用元:パルコホーム公式サイト
https://www.palcohome.com/project/kids/kids001/

パルコホーム施工事例4

引用元:パルコホーム公式サイト
https://www.palcohome.com/project/mamaraku/

パルコホーム施工事例3

引用元:パルコホーム公式サイト
https://www.palcohome.com/project/order/

保証年数:10年保証・点検
坪単価:35.0万円~/坪※1
UA値:0.25w

パルコホームの公式HPで
モデルハウスを見る

パルコホームのオンライン打合せの予約はこちら

電話で
来場予約・質問

※1 例)38.7万円/坪で本体価格2,000万円の建築実例あり
参照元:SUUMO(https://suumo.jp/chumon/tn_iwate/rn_palcohome/149539_0001/jitsurei/jc_0004/)

保証を重視するなら
北洲ハウジング
<北洲ハウジングの施工事例>
北洲ハウジング施工事例1

引用元:北洲ハウジング公式HP
https://www.hokushuhousing.co.jp/case/12973/

北洲ハウジング施工事例2

引用元:北洲ハウジング公式HP
https://www.hokushuhousing.co.jp/case/9027/

北洲ハウジング施工事例3

引用元:北洲ハウジング公式HP
https://www.hokushuhousing.co.jp/case/1096/

保証年数:30年保証60年点検
坪単価:68.0万円~/坪※2
UA値:0.23w

北洲ハウジングの
公式HPで
モデルハウスを見る

北洲ハウジングのお問い合わせはこちらから

電話で
来場予約・質問

※2 例)74.4万円/坪で本体価格3,499万円の建築実例あり
参照元:SUUMO(https://suumo.jp/chumon/tn_iwate/rn_hokushuhousing/501345_0001/jitsurei/jc_0004/)

住みやすさを重視するなら
北日本ホーム
<北日本ホームの施工事例>
                       
北日本ホーム施工事例1

引用元:北日本ホーム公式サイト
https://kitanihonhome.com/publics/index/27/detail=1/b_id=98/r_id=46/#block98-46

                       
北日本ホーム施工事例2

引用元:北日本ホーム公式サイト
https://kitanihonhome.com/publics/index/27/detail=1/b_id=98/r_id=43/#block98-43

                       
北日本ホーム施工事例3

引用元:北日本ホーム公式サイト
https://kitanihonhome.com/publics/index/27/detail=1/b_id=98/r_id=34/#block98-34

保証年数:記載なし
坪単価:記載なし
UA値:0.20w以下
 

北日本ホームの
公式HPで
モデルハウスを見る

北日本ホームのお問い合わせはこちらから

電話で
来場予約・質問