めんこい♡おらがえ岩手の注文住宅ガイド

工務店とハウスメーカーの違いとは?

公開日: |最終更新日時:

注文住宅を建てるとなると、さまざまなことを決めなくてはいけません。その中でも特に重要なことのひとつが、どんな施工会社に依頼するかです。ここでは、代表的な施工会社の選択肢である工務店とハウスメーカーの違いについて見ていきましょう。

工務店

工務店というと、多くの人が地域密着型の小さな会社を思い浮かべるでしょう。しかし、実際にはそうした形態以外にも、本部が仕入れた部材を用いた建築を行っているフランチャイズ加盟店や、ハウスメーカーと変わらないような大規模かつ全国展開を行っている工務店もあります。間取りやデザインの自由度が高く、地域密着型ならではの迅速なサポートやメンテナンスが魅力です。反面、対応エリアはハウスメーカーより狭く、業者に寄る品質のばらつきが大きいというデメリットもあります。

工務店のメリット

工務店の代表的なメリットが、ハウスメーカーに比べて設計の自由度が高いことです。工務店は基本的に木造住宅の設計をメインに行なっていますが、予算や建設予定地の形状、施工主のライフスタイルなど、さまざまな要素に柔軟に対応した家造りを可能としています。専門的な設計が必要な場合でも、建築設計事務所と連携が取れる工務店なら対応可能です。キッチンやバス・トイレなどの設備のメーカーの選択肢の幅も広く、自分の好みのメーカーの設備を揃えられるのも大きな強みだと言えるでしょう。

長期的なサポートが期待できるのも工務店の強みです。そもそも住まいは、長期間、何世代にも渡って人々が住み続けるもの。そのため、安全・快適に住むためには長期に渡るメンテナンスやサポートは欠かせません。その点、工務店なら地域密着型ということもあって、長期に渡ってサポートを受けられます。

工務店のデメリット

工務店はハウスメーカーと異なり、施工例の公開数が少なかったり、住宅展示場のような実際の住まいを見て確認できる機会が用意されていなかったりします。そのため、工務店ごとの住まいづくりの特徴や実績がわかりづらく、どの工務店にすればいいかを決めるのに時間がかかるというデメリットがあります。

工務店は昔から業務を続けている老舗も多く、高い実績や豊富な経験を持っているところが多いです。反面、昔から家造りの工法が変わっていなかったり、現代の家づくりの技術に追いついていなかったりするので、省エネ住宅といったような住まいを求めている人には向かない場合があります。

ハウスメーカー

ハウスメーカーは、全国規模で展開している企業です。それぞれのハウスメーカーの特色があり、ローコスト住宅や輸入住宅など、建てたい住まいに適したハウスメーカーを探すことになります。ほとんどのハウスメーカーは品質管理や安全基準を設けており、質の高い住まいを建てることができるでしょう。

ハウスメーカーのメリット

ハウスメーカーの代表的なメリットは、住まいの品質が保証されているという点です。ほとんどのハウスメーカーは公的な、あるいは自社独自の安全基準を設けており、それに適合した住まいを手掛けています。そのため、どの支店で家を建てても品質のばらつきが少なく、同じように高いクオリティを持った住まいづくりが期待できるのです。

また、高い技術力を持つハウスメーカーなら、自社独自の技術工法や設備を開発していることもあります。特に、地震対策として自社独自の免震構造や制震構造や、快適な生活に欠かせない断熱素材や空気循環システムなどを持っているハウスメーカーの住まいは大きな魅力です。

ハウスメーカーのデメリット

ハウスメーカーの住まいは、品質が保たれている代わりに自由度が低いというデメリットがあります。そもそもハウスメーカーの住まいは自社設計・自社施工が基本なので、施工主はハウスメーカーがあらかじめ用意した住宅モデルやプランの中から適したものを選ぶ形になります。施工主によるアレンジがまったくできないわけではありませんが、工務店に比べると自由度は低くなります。

営業から設計までを同じスタッフが担当することが多い工務店に比べて、ハウスメーカーは規模が大きいのでそれぞれの部署がはっきり分かれています。これによって、施工主の要望や意見が部署間でしっかり伝達されておらず、要望がうまく伝わらないことがあるのです。また、スタッフの異動があると昔の住まいの状況が把握できなくなっていることもあります。

工務店・ハウスメーカーの選ぶポイントは

予算が合うか

工務店とハウスメーカーのどちらを選ぶべきかは、予算次第で変わってきます。工務店は自由度が高く施工主の理想を詰め込みやすい反面、その分大きな予算が必要です。反面、ハウスメーカーでは自由度は少し低くなりますがリーズナブルな価格で提供されているローコスト住宅があります。

希望する間取り・デザインでチェック

間取りやデザインの自由度は、工務店とハウスメーカーのどちらを選ぶかを分ける重要な要素です。基本的に工務店は自由度が高く、ハウスメーカーは自由度が低い傾向にあります。また、ハウスメーカーの住宅モデルに希望のものがあれはハウスメーカーに、既存のモデルにない独自の間取りやデザインを求めるなら工務店となるでしょう。

担当者の対応

担当者の対応も重要な要素です。各種の連絡事項や個人情報の扱いなどが的確に行われているかをチェックしましょう。

施工実績・施工事例をチェック

施工実績や施工事例のチェックは、工務店やハウスメーカーの実力や住まいづくりの傾向を知るために欠かせません。公式サイトの確認はもちろんですが、可能なら住宅展示場や見学会に足を運び、実物を確認しましょう。

他の人の口コミ評判は

実際に工務店やハウスメーカーを利用した人の口コミも重要な情報源です。公式サイトやカタログだけではわからない生の声も参考にして、自分の求める住まいを建ててくれる会社を探しましょう。

まとめ

住まいを建てるときの代表的な選択肢が、工務店とハウスメーカーです。両者にはそれぞれ異なる特徴やメリット、デメリットがあり、どちらかが一方的に優れているというものではありません。まずは自分がどのような住まいをどのくらいの予算で建てたいかをまとめて、それを実現してくれるところを探すのがいいでしょう。

ママさん必見♪
ママ向けプランがある岩手の注文住宅会社をピックアップ

(2019年7月時点での調査内容)

企画設計でママ楽々
シュガーホーム

<シュガーホームの施工事例>

シュガーホーム施工事例1

引用元:シュガーホーム公式サイト
http://sugarhome.jp/lineup/sanmaru/01/index.html

シュガーホーム施工事例2

引用元:シュガーホーム公式サイト
http://sugarhome.jp/lineup/newline/01/index.html

シュガーホーム施工事例3

引用元:シュガーホーム公式サイト
http://sugarhome.jp/gallery/house/01/index.html

ママ向けプランの数:2
家事ラク導線 ○
設計自由度 △
※プラン選択

公式HPで
ママ向けプランの
詳細を見る

電話で来場予約・質問

ママ納得の間取り設計
パルコホーム

<パルコホームの施工事例>

パルコホーム施工事例1

引用元:パルコホーム公式サイト
https://www.palcohome.com/project/kids/kids001/

パルコホーム施工事例4

引用元:パルコホーム公式サイト
https://www.palcohome.com/project/mamaraku/

パルコホーム施工事例3

引用元:パルコホーム公式サイト
https://www.palcohome.com/project/premium/premium001/

ママ向けプランの数:6
家事ラク導線 ○
設計自由度 ○

公式HPで
ママ向けプランの
詳細を見る

電話で来場予約・質問

外観も内観も可愛いママ好み
ハシモトホーム

<ハシモトホームの施工事例>

ハシモトホーム施工事例1

引用元:ハシモトホーム公式サイト
https://www.hashimotohome.com/iwate/model/morioka.html

ハシモトホーム施工事例2

引用元:ハシモトホーム公式サイト
https://www.hashimotohome.com/iwate/model/morioka.html

ハシモトホーム施工事例3

引用元:ハシモトホーム公式サイト
https://www.hashimotohome.com/iwate/model/morioka.html

ママ向けプランの数:2
家事ラク導線 ○
設計自由度 ○

公式HPで
ママ向けプランの
詳細を見る

電話で来場予約・質問

※設計自由度:「△」はプランをカスタマイズするセミオーダーに対応。「〇」は自由設計に対応。