めんこい♡おらがえ岩手の注文住宅ガイド

気密性・断熱性

家の気密性と断熱性がなぜ大切なのか。その理由と高断熱のメリット、断熱工法の種類についてまとめています。

岩手の気候による気密性・断熱性の重要さ

岩手県は、本州の中ではもっとも広い面積を持つ県です。そのため、エリアによって気候にも大きな違いがあります

秋田県との県境にある奥羽山脈の山沿いは、冬に雪が多い日本海側の気候。北上川沿いの平野部は、内陸性の気候で、夏は暑く、冬は寒さが厳しいという特徴があります。三陸沿岸部は、冬も晴れの日が多く、降雪量は少ないといわれていますが、宮古市よりも北の地域では、全般的に気温が低くなります。

岩手県は全体的に、冬の寒さの厳しい地域のため、家の気密性や断熱性は重要です。

断熱性を高めることのメリット

気密性・断熱性を高めると、さまざまなメリットがあります。

省エネ効果が高くなる

高気密・高断熱の家は、外気に影響されないので、エアコンの効率がよくなります。そのため、エアコンの稼働が必要最小限に抑えられ、電気代を節約することができます。

ヒートショックのリスクが抑えられる

ヒートショックとは、急激な温度変化によって、血圧や脈拍が変化を起こして、最悪の場合、死に至ることもある現象です。高齢者に多く、暖かい部屋から寒いお風呂や玄関、トイレなどに行ったときに起こりやすいといわれています。

高気密・高断熱の家は、家の中全体が均一に暖められるため、ヒートショックのリスクを抑えることができるといわれています。

生活音が外に漏れにくくなる

気密性が高いと、遮音性も高くなるので、室内の生活音や会話が、外に漏れにくくなります。反対に、外の騒音なども聞こえにくくなります。

断熱工法の種類

断熱工法にはいくつかの種類があります。

充填断熱工法

柱などの構造材の間に、断熱材を充填する方法。おもに使用される断熱材は、グラスウールやロックウール、セルロースファイバーなどで、コストが抑えられるというメリットがあります。

外張り断熱工法

構造材の外側を、断熱材で包む方法です。隙間ができにくく、結露しにくいというメリットがありますが、充填断熱工法に比べてコストが高くなりがちです。

吹き込み工法

グラスウールやセルロースファイバーを粒状にして、機械を使って吹き込んでいく方法。細かいところまで施工できるというメリットがありますが、吸水すると重みで下がってしまうので、結露対策が必要になります。

パネル工法

構造面材と断熱材を組み合わせる方法。断熱性・気密性は高いものの、コストが高くなるといわれています。

岩手県が促進する『岩手型住宅』とは?

岩手県では現在、住まいに関して『岩手型住宅』を促進しています。岩手型住宅とは、平成18年の住生活基本法の制定に基づいて策定された、岩手型住生活基本計画、並びに「岩手型住宅ガイドライン」に盛り込まれている、「岩手で快適に暮らすことができる性能を持つ岩手型住宅」のことです。

ガイドラインでは岩手型住宅について、以下の二つの構成要素が示されています。

  • 「さらなる省エネ性能」+「岩手らしさ」

つまり、「さらなる省エネ性能」と「岩手らしさ」を組み合わせたものが、岩手型住宅ということになります。では、さらなる省エネ性能とはなんでしょうか?岩手らしさとはなんでしょうか?

さらなる省エネ性能

さらなる省エネ性能とは、次世代省エネエネルギー基準以上を満たしている省エネ性能のことです。具体的には、「Q値(熱損失係数)1.6W/平方メートル・K 以下」とされています。岩手県は北海道並みに冬の寒さが厳しく、冬季の暖房エネルギーも大きいのですが、住宅の省エネ性能が次世代省エネルギー基準を満たすことにより、冬季の暖房エネルギー消費を大幅に抑えることが可能になります。

岩手らしさ

一方、岩手らしさとは、運搬エネルギーの削減と地場産業の振興に寄与する「県産木材の活用」、地域の歴史・風土に調和した住環境を京成する「地域性への配慮」、地域温暖化の防止に資する「木質バイオマスエネルギーの活用」の3要素です。

岩手県の気候的特徴に応じた省エネ性能を持ち、なおかつ岩手県特有の歴史や地域性を織り交ぜた‟らしさ”の光る岩手県ならではの住宅。それが岩手型住宅の趣旨になります。

気密性・断熱性の高い家を建ててくれる業者をピックアップ♪

あっとホーム(ハウスメーカー)

あっとホームでは、最適な気密性能を提供するため「全棟気密テスト」を行っています。全棟気密テストは業者ですら及び腰になるほど非常な手間と時間のかかるものですが、あっとホームは良い家づくりにおいて全棟気密テストは必須だと考え、実践しています。

こうした誠実な努力により、当社の気密性能は新築の場合で業界トップクラスの「平均C値 0.3cm2/m2」です。一方、良い家を仕上げるためには断熱性も重要と捉えており、断熱性においても、性能をよく吟味したうえで最適な状態に仕上げてくれます。

当社は「気密測定技能者従事事業所」(登録番号 0932)でもあり、資格の面からいっても、クオリティの高い気密性・断熱性の家が建てられる業者として信頼できるでしょう。

住所 岩手県盛岡市北飯岡2丁目1-11
営業時間 9:00~18:00(電話受付)
定休日 第2・4土曜 日祝日定休
電話番号 019-635-6000

アエラホーム(ハウスメーカー)

アエラホームでは、柱の外側と内側でそれぞれ「外張断熱」と「吹付断熱」を行い、ダブル断熱を実現しています。この施工により、木部や金物からの熱橋の心配が不要になり、高性能の断熱材・キューワンボードをプラスすることで、年間を通して安定した断熱性能を保てるようにしています。

一方、気密性では、気密テープと発泡ウレタンを使用し、建物の隙間という隙間をことごとく塞いでいく施工が特徴です。これにより文字通りの高気密状態を実現。光熱費の節約に加え、遮音性も向上します。

併せて第三者機関による「全棟気密検査」も行われており、基準に達するまでは先の工程に進まないという徹底ぶりです。

住所 岩手県盛岡市向中野 5-11-41(盛岡店)
営業時間 10:00~19:00
定休日 毎週 火曜・水曜
電話番号 019-681-9781

ママさん必見♪
ママ向けプランがある岩手の注文住宅会社をピックアップ

(2019年7月時点での調査内容)

企画設計でママ楽々
シュガーホーム

<シュガーホームの施工事例>

シュガーホーム施工事例1

引用元:シュガーホーム公式サイト
http://sugarhome.jp/lineup/sanmaru/01/index.html

シュガーホーム施工事例2

引用元:シュガーホーム公式サイト
http://sugarhome.jp/lineup/newline/01/index.html

シュガーホーム施工事例3

引用元:シュガーホーム公式サイト
http://sugarhome.jp/gallery/house/01/index.html

ママ向けプランの数:2
家事ラク導線 ○
設計自由度 △
※プラン選択

公式HPで
ママ向けプランの
詳細を見る

電話で来場予約・質問

ママ納得の間取り設計
パルコホーム

<パルコホームの施工事例>

パルコホーム施工事例1

引用元:パルコホーム公式サイト
https://www.palcohome.com/project/kids/kids001/

パルコホーム施工事例4

引用元:パルコホーム公式サイト
https://www.palcohome.com/project/mamaraku/

パルコホーム施工事例3

引用元:パルコホーム公式サイト
https://www.palcohome.com/project/premium/premium001/

ママ向けプランの数:6
家事ラク導線 ○
設計自由度 ○

公式HPで
ママ向けプランの
詳細を見る

電話で来場予約・質問

外観も内観も可愛いママ好み
ハシモトホーム

<ハシモトホームの施工事例>

ハシモトホーム施工事例1

引用元:ハシモトホーム公式サイト
https://www.hashimotohome.com/iwate/model/morioka.html

ハシモトホーム施工事例2

引用元:ハシモトホーム公式サイト
https://www.hashimotohome.com/iwate/model/morioka.html

ハシモトホーム施工事例3

引用元:ハシモトホーム公式サイト
https://www.hashimotohome.com/iwate/model/morioka.html

ママ向けプランの数:2
家事ラク導線 ○
設計自由度 ○

公式HPで
ママ向けプランの
詳細を見る

電話で来場予約・質問

※設計自由度:「△」はプランをカスタマイズするセミオーダーに対応。「〇」は自由設計に対応。